Shuko Architel

INFORMATION

新着情報

  • HOME
  • 新着情報一覧
  • 補助金制度「こどもみらい住宅支援事業」でお得にリフォーム!

2022.02.09

補助金制度「こどもみらい住宅支援事業」でお得にリフォーム!

こんにちは、秀光アーキテックです!

 

住宅のリフォームをご検討中の皆さま、

 

2022年はお住まいをより快適にリフォームするチャンスです!

 

今回は、2022年にリフォームをご検討中の方にぜひ活用して欲しい

 

「こどもみらい住宅支援事業」についてご紹介いたします。

 

 

 

 

チェックポイントその1「こどもみらい住宅支援事業」とは?

 

令和3年度補正予算で創設された「こどもみらい住宅支援事業」。

 

子育て世帯・若者夫婦世帯による、高い省エネ性能を有する新築住宅の取得と

 

省エネ性能を有する住宅の形成を図るため、対象工事を行うことで

 

最大300,000円(別途条件を満たす場合は最大600,000円)の補助金が交付されます。

 

【工事請負契約】

2021年11月26日から2022年10月31日までに工事請負契約を締結したもの。

 

 

チェックポイントその2「補助金がもらえる対象工事内容」について

 

補助金がもらえる対象工事は下記8種類!

 

必須の工事内容もあるので、リフォームしたい箇所が当てはまるかどうかもご確認ください。

 

①【必須】開口部の断熱改修

(ガラス交換、内窓設置・外窓交換、ドア交換)

 

②【必須】外壁、屋根・天井又は床の断熱改修

 

③【必須】エコ住宅設備の設置

(太陽熱利用システム、節水型トイレ、高断熱浴槽、高効率給湯機、節湯水栓)

 

④子育て対応改修

・家事負担の軽減に資する設備を設置する工事

(ビルトイン食器洗機、掃除しやすいレンジフード、ビルトイン自動調理対応コンロ、浴室乾燥機、宅配ボックス)

・防犯性の向上に資する開口部の改修工事

・生活騒音への配慮に資する開口部の改修工事

・キッチンセットの交換を伴う対面化改修工事

 

⑤耐震改修

 

⑥バリアフリー改修

(手すりの設置、段差解消、廊下幅等の拡張、ホームエレベーターの新設、衝撃緩和畳の設置)

 

⑦空気清浄機能・換気機能付きエアコンの設置

 

⑧リフォーム瑕疵保険への加入

 

 

チェックポイントその3「補助金額の上限」について

 

工事内容に応じ、最大300,000円の補助金が受けられます。

 

ただし、子育て世帯または若者夫婦世帯が既存住宅を購入し

 

リフォームを行う場合は、最大600,000円の発行となります。

 

その他、工事内容や工事面積によっても価格が異なります。

 

着工期限もありますし、予算が尽きると終了することも考えられます。

 

そろそろお家をリフォームしたい…とお考えの方は、

 

お早めのご検討をおすすめします。

 

リフォームのことなら秀光アーキテックへお気軽にご相談ください!

 

 

 

 

こどもみらい住宅支援事業の詳しい内容については

 

公式ホームページからご覧頂くか、お問い合わせ窓口にお電話ください。

 

■公式ホームページ「こちらをクリック!」

■こどもみらい住宅支援事業事務局 TEL:0570-033-522

 

  • 一覧へ戻る

リフォームに関するご相談はこちらから